ペーパードライバー克服 | テキスト購入者の質問と回答

質問トップ  | テキスト販売ページ

こんにちは。

テキストを購入し、毎日30分親と朝練を始めて3日になります。

今は近くの大型スーパーの駐車場でとりあえず走らせるという練習をしています。

練習していて指摘されたのですが、私はカーブを曲がるときに曲がり方が
大回りなようなのです。

そういえば、自動車学校(7年前)でも教官に指摘されていたなぁーと思い出しました。
確か、結局なおらないまま卒業してしまったと思います…。

駐車場をグルグル回りながら曲がる練習をしているのですが、
いくらやってもどうもうまくなりません…。

親も普段無意識にやっていることなので、うまく助言ができないみたいなのです。

曲がるどれくらい前からブレーキを踏むか、どれくらいの速度でカーブに入るか、どのへんからアクセルを踏めばいいのかなど、何かコツなどあったら教えていただきたくメールしました。

よろしくおねがいします。

まず、「大回り」と「小回り」を確認しておきたいと思います。


「大回り」とは、「半径の大きな円」を描いて曲がる
「小回り」はその逆で、「半径の小さな円」で曲がるということです。


つまり、恵利さんの「曲がり方が大回り」というのは、
以下の【図2】のような曲がり方ということでよろしいですね。

   



では、この解釈のもとに解説していきます。
(たまに、大回りと小回りの解釈が逆の人がいらっしゃいますので確認させていただきました)



テキストでは、小回りについてのヒントは第7章−4 【3】 のなかで語っております。
p121あたりだと思います。


これをもとに、もっと掘り下げていきましょう。




まず最初に、
「小回り」するためにいちばん重要であり必要なことは・・・

“ いかに素早く短時間でハンドルを回しきるか ” になります。


一気にハンドルをめいいっぱい回しきるということです。

特に、素早く回すことが重要になります。



ハンドルを回すのが遅いと、いくらめいいいっぱいハンドルを回しきっても、
最初のうちは大きな円を描き、後半になってやっと小さな円を描きはじめる回り方
になってしまいます。

   

どちらも同じようにハンドルをめいいっぱい回したにもかかわらず ハンドル操作の早さによって大回りになるか小回りになるかに 差ができます。




ハンドルのすばやい操作ができない理由としては、

@単純に腕の動作が遅い、
または、Aハンドルの位置が適切でない。


この後者Aの場合、多くの人はハンドルが遠いことによるもので、
ハンドルを回していると、ハンドルから手が離れてしまう、
あるいは、ハンドルから手が離れないようにするために体をよじるなど
無駄な動作があるためにすばやく回すことができないことが多々あります。

まずは、ドライビングポジション、すなわちシートの合わせ位置を
見直してみましょう。  (テキスト33ページ参照)




では次に、
上記のことをクリアできているのに、つまり、
ハンドルを素早く回すことができるのに大回りになってしまっているのなら、
ハンドルを切るタイミングに問題があると思われます。


ハンドルを切るタイミングが早すぎるのでしょう。


ハンドルを切るタイミングをもっと遅らせましょう。



たとえば、

右の図の @ から A の場所へ
移動したいとき




早いタイミングでハンドルを切る(赤点 a)場合と
ハンドルを切るタイミングを遅らせた(赤点 b)
場合のクルマの通過する軌道を見てみると、
右図のようになります。


ハンドルを切るタイミングが早いと、目的の場所Aに行くためには
大回りでゆるく曲がる必要があります・・・
と言うより、漫然と運転していると、この曲がり方の方が楽なので
ハンドルのタイミングが早くなってしまいます。

ハンドルを素早く回す必要もありませんし、
めいいっぱい回す必要もないので楽なのす。


別な言い方をしますならば、
タイミングが早いために大回りになるというよりも、
ゆるく曲がりたいために(楽な曲がり方をしたいために)
無意識のうちに、体が勝手に早いタイミングでハンドルを
切ってしまうとも言えます。


なので、意識的にハンドルを切るタイミングを遅らせるように
心がけてみましょう。

 




コツとしては、駐車場の走行スペースの地面に
頭の中で想像上のセンターラインを描いて練習してみましょう。

   

曲がり角では、架空センターラインの交点の
外側を通過するようにイメージしてハンドルを切りましょう。





◆ 質問後半での疑問点について

「曲がるどれくらい前からブレーキを踏むか、
どれくらいの速度でカーブに入るか、
どのへんからアクセルを踏めばいいのか」
は、おそらくあまり関係していませんので、
自然な感覚で操作していいと思います。

なので、

ハンドルを切るタイミングを遅らせる
素早くハンドルを回しきる

上記2点に集中してみてください。


以上になります。

テキストとは?

お金をかけずにペーパードライバーを克服するための「10のステップ」を解説した電子ブックです。(冊子版もございます)