ペーパードライバー克服 | テキスト購入者の質問と回答

質問HOME  | テキスト販売ページ

質問

狭い道路の左折が苦手で大回りになります。
(実際に昔、左後方を壁にガガガーッとやってしまいました。・・・)

頭の中でシュミレーションしていても、要領がつかめず不安になります。
どういった練習で克服できるのでしょうか。
ハンドルを切るタイミングにコツがありましたらお教え願えがえないでしょうか。

回答

左折では、右折に比べ「小回り」することが必要になることはわかると思います。

特に狭い道では、必然的に小回りが必要になるため
めいいっぱいハンドルを回しきることになるのが普通です。


しかし、より小さく回るためには、いかに素早く
短時間でハンドルを回しきる
かが重要になります。

ハンドルを回すのが遅いと、いくらめいいいっぱいハンドルを回しきっても、
最初のうちは大きな円を描き、後半になってやっと小さな円を描きはじめる回り方
になってしまいます。

どちらも同じようにハンドルをめいいっぱい回したにもかかわらず
ハンドル操作の早さによって大回りになるか小回りになるかに
差ができます。



これを踏まえて、左折で大回りになってしまう原因を2つ挙げてみました。


【原因1】

ハンドルを素早く回すことができていないために大回りになってしまう。


【原因2】

ハンドルを素早く回せて小回りは出来ていても、
左側にしっかり寄ることが出来ていないため、
結局、左折のために大きなスペースを使ってしまっている。

この【原因2】の図を写真で見比べて見ます。

左の写真は縁石からクルマまでの距離に余裕があるのがわかると思います。

左の写真が一般的な人たちの左折の例で、
右の写真は、私の日頃の左折の仕方です。

狭い道でなければ、左の写真のような左折でも問題ないし、かまわないのですが、
私は普段から感覚が鈍らないように、右の写真のように曲がるようにしています。




Aさんが、【原因1】、【原因2】のどちらのケースかはわかりませんが、
どちらにも言える事は、まず、素早いハンドル操作が出来ること。
言い換えると、左折の初めから終わりまで一貫して小さな円で回ること。


そして、ハンドル操作についてはクリアできているのなら、
コーナーの角である縁石や壁、ポールなどにしっかり寄って曲がれるように
側方感覚を磨いていきましょう。



ハンドル操作の素早くできる人であっても
狭い道での左折では、左側をぶつけるのが怖くて、
心理的にハンドルを素早く回しきることが出来ない
ということも考えられます。

そういう心理状態での左折の時、ハンドルを切るタイミングというのは
無意識のうちに早めにハンドルを切り始めています。

なぜかというと、ハンドルを素早く回せていないので大回りになることを
身体が感覚的に察知していて、その大回りの軌道でも曲がりきれるところで
ハンドルを切り始めているのです。
(文章での表現が難しい! 下の図も参考にして考えてみてください。 言ってる意味、わかるだろうか?)

そのまま進んでいくと、
上の図では、最終的には曲がりきっていますが、
途中、コーナーの角で脱輪してしまいます。
壁やポールが立っていたらガガガーッとやってしまっています。



では、ガガガーッとやってしまわないためにハンドルを切るタイミングを遅らせると、

今度は大回りになるか、曲がりきれないこともあるかもしれません。



上記ふたつのことをクリアするために、ハンドルを切るタイミングを遅らせて、
その分素早くいっきにハンドルを回しきります。

曲がり初めから終わりまで小回りになるようにするのです。




このとき、後輪で最も寄ることが出来ていれば、
どんなに壁やポールをギリギリにかすめても
ガガガーッとやってしまうことはありません。




しかし、ボディーの中ほどでギリギリに寄ってしまっていると
ガガガーッとやってしまうことになるでしょう。

バックミラーで、赤丸の部分を確認しながら運転できるようにも意識していきましょう。
(バックミラーについてはテキスト本編の「5章−1−【2】」 「8章−3−【1】」を参照ください。)


たとえば下の写真。

前進していく途中、後輪で最も寄せているのでこのまま進んでいっても
ぶつかることはありません。



練習方法としては、ショッピングセンターの駐車場を考えました。

駐車スペースを区切ってある白線の角を利用して左折の練習、
ハンドルを切るタイミングを把握できるのではないでしょうか。

後輪で白線の角ギリギリをかすめて通過するように練習してみましょう。




実際に私が試してみて写真を撮ってきたのですが、
白線だけだと車内から目標とするものが見えないため
なかなか感覚をつかみにくいところがあるかもしれません。

サポートしてくれる人が確保できるなら、白線の角のところに立っていてもらったり
するといいかもしれません。


ひとりの場合は、助手席側のミラーを
一番下に向けて、地面が写るように
しておきます。

後輪が白線の角ギリギリを通過して
いるかミラーで確認しましょう。

ただ、運転している姿勢のままだとミラーに写らないと思いますので、
後輪が白線の角に来たと思えるあたりで止まって、
見えるようにミラーをのぞき込んで確認する必要があると思います。



あと、気になる点は、駐車場内ってだいたい右回りなんですね。

左折の練習だと逆走のかたちになってしまうので、グルグル場内を回るのは
避けた方がいいですね。



その他、狭い道での左折の注意点としては・・・


左折中に気になるポイントは、
図の赤丸のところではないかと思います。

クルマの側面についてはこれまで書いてきた
通りです。

前方の角については、ギリギリのところに誰かに立ってもらって、
車内からの見え方をよく確認しておきましょう。




最後になりましたが、ハンドルのすばやい操作ができない理由としては、

@単純に腕の動作が遅い、 または、Aハンドルの位置が適切でない。

この後者Aの場合、多くの人はハンドルが遠いことによるもので、
ハンドルを回していると、ハンドルから手が離れてしまう、
あるいは、ハンドルから手が離れないようにするために体をよじるなど
無駄な動作があるためにすばやく回すことができないことが多々あります。

まずは、ドライビングポジション、すなわちシートの合わせ位置を
見直してみましょう。    (テキスト33ページ参照)

いちばん上にもどる  | 質問HOME
テキストとは?

お金をかけずにペーパードライバーを克服するための「10のステップ」を解説した電子ブックです。(冊子版もございます)