ペーパードライバー克服 | テキスト購入者の質問と回答

質問トップ  | テキスト販売ページ

先日、幹線道路への合流でとても怖い思いをしました。

合流できたのですが(助手席の方の助けを借りて…)、合流した前の車が路線バスで、合流した直後に停留所で停止したのです。

こちらは急ブレーキとまではいかなかったものの、それに近いものがありました。

「合流」ということで精神的に余裕がなく、前をよく確認していなかったといえばそれまでなのですが、そういった高速道路ではない道路での合流の時に注意しなければいけない車は、バスやタクシーぐらいでしょうか?

またそれ以外に、普段合流の時に、近藤さんが気をつけていらっしゃることがあったら、教えていただけますでしょうか。

いろいろ聞いてしまって、すみません。
どうぞよろしくお願い致します。

注意しなければいけないクルマというのはありません。
合流できるときに速やかに入るだけです。

その後どういう状況になるかまでは、予想のつけようはないので、
入れるときに入って、その後はその場の状況によって
ひとつひとつ対応していくだけです。


今回、Eさんは、
「合流した前の車が路線バスで、合流した直後に停留所で停止した」
という状況にたまたま遭遇しただけで、
その時私が運転していても、それを予想できたとは思えませんし、
同じ状況に置かれたでしょう。



では、その時私だったらどういう対応をするのか・・・というのも、
今、その状況下にいるわけではないのでお答えすることが出来ませんし、
Eさんに対しても、その時はこういう対応をしてくださいという提示も
出来ないということをご理解いただきたいと思います。


で、今回Eさんは
「急ブレーキとまではいかなかったものの、それに近いもの」
という対応をしたわけですが、
それはそれで、失敗というものでもなく、
その時あなたが出来る対応をとったというだけです。


その時に基本的なことがしっかり身についていたり、
クルマの操作に十分熟練していたり、
車両感覚(クルマの幅の感覚など)が優れているドライバーであれば、
対応策の幅が広いために柔軟にいろいろな対応が出来る可能性がある
というだけです。


これからEさんが運転していくとなると、
否応なしに数限りない状況下に置かれることになるでしょう。
そしてたくさん失敗をして学んでいくというステップを踏んでいくのです。

それは、私自身が踏んできたステップであります。


これから、たくさんの経験を積んで学んでいかれる中で
その時に、このテキストが助けになればと思います。




私が、合流の際に注意していることは・・・

まず、幹線道路への合流には2つの種類があります。



ひとつは、高速道路の進入と同じように、本線への進入の際に
一時停止しないで合流できるところです。

ここでは、高速道路の進入と同じです。
加速レーン(合流レーン)でしっかり速度をだすことと、
できるだけ早く、本線の状況を把握(確認)することです。



ふたつめは、本線への進入の際に「一時停止」
しなければならないところです。

ここでは、クルマの切れ目を焦らずじっくり待ちます。
交通量が多いとなかなか入れないのですが、
10分でも20分でも待つ覚悟で待つことです。
(こんなに待つことは、まずありませんが)

ちょっとしたクルマの切れ目で、安易に入らないことです。

幹線道路となると、本線の流れが早いことが多いので、安易に進入すると、
事故に至らなくても、相手にいやな思いをさせてしまいます。
が、どうしても無理やりっぽく入る場合は、めいいっぱいの加速をして
可能な限り早く、本線と同じ速度にあわせるよう配慮しています。


以上

テキストとは?

お金をかけずにペーパードライバーを克服するための「10のステップ」を解説した電子ブックです。(冊子版もございます)