車庫入れ上達 【かんたん駐車マニュアル】

クルマの運転となると、ペーパードライバーや初心者は普通に道路を走るだけでも、かなり神経をすり減らす思いではないでしょうか。

そして、中でも厄介な問題は、車庫入れ・駐車であろうと思います。

 


 


クルマを運転する以上、車庫入れ・駐車は避けて通ることはできません。
クルマを運転するということは、最後にクルマをどこかに止める、必ず駐車が待ち構えているということでもあります。
飛行機で言えば、離陸をしたら、必ず着陸しなければなりません。
そして、この駐車・車庫入れというものは、ペーパードライバーや初心者にとっては難しい技術に思われることでしょう。
それもそのはず、運転歴の比較的長い人でも、駐車は苦手という人は少なくないのですから・・・ということから、運転に慣れればうまくなっていくというものでもないようです。

“慣れ”ではなく、“気づき”が必要です。
いわゆる「駐車のコツ」というものに気づくかどうかが上達のポイントです。

車庫入れ・駐車で・・・以下のような経験ありませんか?

  • 駐車場内での、後続車の視線が気になる。
  • 駐車しようとするとき、どのあたりにクルマを止めて、どのあたりでハンドルを切ればいいかわからない。
  • 駐車スペースに収まるまでに、ハンドル(タイヤ)の向きがどっちに向いているかわからなくなる。
  • 自宅の車庫入れ以外は、緊張してしまう。
  • 右に左に後ろ…あっちこっち見るのが忙しい上、どこを見ていいのかわからない。
  • バックモニターがあるにもかかわらずバックで駐車の不安がなくならない。
  • 前向き駐車の方が簡単だと思っていませんか?
  • 止めるのに楽そうな場所を探すだけで疲れてしまう。
  • 両脇にクルマが止まっているところに駐車するのが怖い。
  • とにかく、車庫入れ・駐車の上達を望んでいる。
  • あっという間に駐車を完了する人を見て、不思議の思っていませんか?
    その人は特別なのだと決め付けていませんか?

「駐車・車庫入れのコツ」であるたった1つの大原則を知れば、

短期間であなたの駐車技術は上がり、駐車の恐怖から開放されます。

もう、どうやったらうまく駐車ができるのか?・・・なんて悩みも泡のように簡単に消えてしまうでしょう。

このマニュアルには、以下の特典がついています

特典1   とってもお得、エコ節約ドライブガイド

特典2   安全運転ガイド

特典3   ココだけチェックのメンテナンス

特典4   道路標識辞典

特典5   ここだけ教えて、運転についてのQ&Aコーナー


その他、ご購入から1年間、個別対応メールサポートをご利用できます。

詳細は、こちらのページで確認できます。⇒ かんたん駐車マニュアル
相互リンク ペーパードライバー無料レポート